ダイナミック デスケーラー – 洗浄方法

2009年11月27日

ダイナミックディスケーラートップ
用途
実績
洗浄方法
注意事項
廃液チェック

dd2

スケール問題を解決!米国・英国海軍採用
最新スケール洗浄液「ダイナミック デスケーラー」
熱交換器・クーリングタワー・配管などのスケール問題を、
安全・安心・低コスト・スピーディーに解決します。

【 洗浄方法について 】
ダイナミックデスケーラーの洗浄方法についてご説明いたします。
基本的に、機器洗浄の場合、特別の場合をのぞき、 2倍以上の水希釈でご利用ください。

熱交換機の場合

汎用塩酸系洗浄液 ダイナミックデスケーラー
酸洗浄(10倍希釈) 【高腐食性】
10倍まで薄めないと、
使用が難しい。
酸洗浄(2倍希釈以上) 【低腐食】
早い洗浄速度
bullet0262 bullet0262
水フラッシング 10
~ 20分で終了
bullet0262
作業完了  
フッ酸投入(劇物) PRTR法抵触!
指定産廃!
廃液中和剤投入 一般排水レベルへ調整
bullet0262 30
分 
機器ごとに洗浄方法を詳しくご説明いたします。お問い合わせください。

この内容は一般排水へすべて捨てられるという意味ではございません。

廃棄方法は、地域、洗浄内容などによって変化します。適切な方法で処理をしてください。

表面処理液 指定産廃!
bullet0262
本体中和剤投入
bullet0262
作業完了
廃液中和剤投入
産業廃棄物処理
bullet0262
経年後腐食
– 大

image 基本的に、本体下部より洗浄液入れて、上部から出る流れを作り出す。
bullet0262
ポンプにて、循環サイクルを作り、数時間循環できる簡易システムを作る。
ポンプの手前には、金魚の白いフィルターなどでゴミが入らないように気をつける。
bullet0262
指定時間循環後、(場合によっては、逆サイクルでもう1回洗浄して)洗浄液を全部抜き取る。
bullet0262
水でフラッシングを行い、10分以上ポンプでまわす。
bullet0262
水を排水して、作業完了。
熱交換器内部容積と、機器により使用する液量が変化します。お問い合わせください。

冷却塔の場合

一般的な充填材洗浄 ダイナミックデスケーラー
足場設置 危険作業で作業費用も膨大、
時間もかかる。(2日間)
養生、散布開始 各スパンごとに洗浄後、長手方向へ移動(3~4日)
bullet0262 bullet0262
 
充填材撤去 大人数での高所作業。
しかも内部の材質は腐食した木材がほとんどで危険。
洗浄完了、撤去 同時に藻の除去も 
bullet0262 廃液中和、完了
天日で乾燥 1 日
bullet0262
人力で叩く 乾燥後叩いてスケールを剥離させるが、充填材内部に溜まったスケールはあまり落ちない。
しかし、充填材は紫外線脆化しているため、叩くと割れて壊れてしまう。これが後に運転開始した後で、熱交換器へ流れて閉塞・性能低下をさせる原因。
bullet0262
充填材設置 1 日
bullet0262
足場解体、完了 1 日
合 計 600
~ 800万円
合 計 400
~ 500万円
危険が伴い、洗浄効果も低い従来の方法では費用も高く、問題も多い。 充填材も健全に戻り、破損もなく、安全。費用も安い!

image1 冷却搭は、上部より充填材へ散水ができる循環サイクルをつくることで、洗浄が可能です。
bullet0262
長手方向に長い冷却搭は、1スパンごとに移動しながら洗浄をすると良いでしょう。

小型冷却搭では、配管を含めたシステム洗浄をされるお客様もいらっしゃいます。

運転中に必要な、薬注処理をあえてせず、定期メンテナンスでダイナミックデスケーラーで洗浄することで、日々の薬注費用の削減も可能です。


     

本件に関する問い合わせ先

株式会社フォレッセント
広報担当
TEL:03(5688)5521

ロゴ

Copyright(c) Forescent,Co. Ltd. All rights Reserved.