ダイナミック デスケーラー

2015年05月11日

ダイナミックディスケーラートップ
用途
実績
洗浄方法
注意事項
廃液チェック

dd2

スケール問題を解決!米国・英国海軍採用

最新スケール洗浄液「ダイナミック デスケーラー」

熱交換器・クーリングタワー・配管などのスケール問題を、

安全・安心・低コスト・スピーディーに解決します。

米国海軍正式採用、英国海軍正式採用、FORD、GM、Jamas Hardie Industries、Pemex,Panasonic(マレーシア)他多数。その実績が証明するハイパフォーマンス。最長年の実績と最新の研究によって、スケールの除去速度の向上と金属腐食の低減、水フラッシングによる施工性の向上を実現しました。

製品ラインアップ
ロット生産品(300cc)

ロット生産品(4リットル)

19リットル(標準)
209リットル(標準)
3001
4L1
19L1
drum1
※上記のサイズの他に200ccボトルがございます。(シャワーヘッドなどのカルキ取りとしてホテルや温泉、ご自宅などでご利用いただけます。)
製品の特徴
shell-tube-1-1
● 世界最速のカルシウム溶解速度最速のスケール溶解速度を誇る!

・安全性 —– 手で触れる(万が一触れた場合でも安心)

・環境性 —– 生分解性

・作業性 —– 圧倒的な処理時間の短縮 (ほぼ5倍)

・腐食性 —– 塩酸系一般製品の(ほぼ1/4)

あらゆる面で、従来の塩酸ベースの洗浄液を凌駕します。

手で触れるPH<0.6で、安全性も確保しました。

(実作業は、念のためビニル手袋を着用してください)


graff_1【クリックで拡大】

● 金属に与える腐食量とスケール洗浄速度さまざまな、インヒビター(添加剤)の開発により、環境への配慮と洗浄時間の短縮を実現し、施工費全体のコスト削減と恒久的な安全性を確保します。

洗浄液は、その腐食性が心配です。 MDIでは、熱交換器の基本材料である炭素鋼(SB410)、ステンレス(SUS304)、銅(Cu)、
さらに犠牲陽極である亜鉛(Zn)、アルミ(A5052)などの腐食テストを行っております。

通常2倍以上の水希釈を前提としていますが、亜鉛とアルミの環境下では使用を避けてください。

(希釈度合によって、アルミラジエターなどの洗浄も可能となりますので、別途 お問い合わせください)


●世界最高の除去時間!スケール(カルシウム・マグネシウム)の溶解速度は、プラントの運転復帰こそが重要な要素となります。

ダイナミック・デスケーラーは、従来製品の欠点である処理時間を大幅に改善するべく開発されており、その洗浄時間短縮=作業費用の削減こそがもっとも得意とするところです。
フッ酸(劇物指定)を使わず、安心して洗浄効果を求めることが可能となります。

(同種の洗浄液で、カルシウム除去速度がこの液より速く効果的に除去できるものがありましたら、ぜひお知らせください!)


● 金属表面における処理液が不要一般的な塩酸ペースの洗浄液では、水による10倍希釈で使用し、洗浄後は、ステンレス表面の不導体幕を荒らしてしまうため、金属表面のトリートメント剤として、処理液を使用して皮膜を再形成する必要がありました。ダイナミックデスケーラーでは、この処理液が不要です。さらに、洗浄液循環後に機器に中和剤として苛性ソーダなどを流していましたが、ダイナミックデスケーラーでは水による強制循環のみのフラッシングで残りの洗浄液を取り除きますので、
1液で作業が完了します。

(廃棄の前の廃液は、排水基準を満たすため、一般排水基準にするため中和する必要はございます。廃棄方法について適正な方法で処分してください。)

銅ろう付ステンレス製品 1週間の強制腐食試験を実施(2倍希釈)
hex_001
漬置き1週間後、水洗いを十分に行い、3日間乾燥をおこなった。

銅の青銅化や減肉、ステンレスの表面腐食が見当たらなかった。

汎用塩酸系洗浄液 ダイナミックデスケーラー
酸洗浄(10倍希釈) 高腐食性10倍まで薄めないと使用が難しい 酸洗浄(2倍希釈以上) 低腐食早い洗浄速度
bullet0262 bullet0262
水フラッシング 10~20分で終了
bullet0262
作業完了
フッ酸投入(劇物) PRTR法抵触!指定産廃! 廃液中和剤投入 一般排水レベルへ調整
bullet0262 30分 機器ごとに洗浄方法を詳しくご説明いたします。お問い合わせください。この内容は一般排水へすべて捨てられるという意味ではございません。

廃棄方法は、地域、洗浄内容などによって変化します。適切な方法で処理をしてください。

表面処理液 指定産廃!
bullet0262
本体中和剤投入
bullet0262
作業完了
廃液中和剤投入
産業廃棄物処理
bullet0262
経年後腐食-大

 

     

本件に関する問い合わせ先

株式会社フォレッセント
広報担当
TEL:03(5688)5521

ロゴ

Copyright(c) Forescent,Co. Ltd. All rights Reserved.